このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月中途入社

金子達也(かねこ たつや)

東京オフィス/主任コンサルタント
派遣スタッフのコールセンターSVとして働いていた時に、担当コンサルタントから「営業をやってみない?」と誘われ、キャリアチェンジ。8年ほどの経験を経て、2018年11月に「正社員・主任コンサルタント」としてKSプレミアムスタッフに入社。飲食業や旅行業、コールセンターのSVなど、人と接する職業を数多く経験していることから『コミュニケーションを取るのが得意なコンサルタント』を強みとしている。
東京オフィス/主任コンサルタント/金子達也(かねこ たつや)

◆現在担当している案件

仕事案件を獲得する新規営業と、派遣職員さんと面談するコーディネーターの両方を担当しています。まずは、私が勤務する「東京オフィス」で募集している案件についてご紹介します。

【 物流に関係する事務職 】
・貿易事務
・フォワーダー(カスタマーサービス)
・通関事務

【 その他専門職 】
・フォークリフトオペレーター
・空港での貨物運搬車運転

【 短時間パートの仕事 】
・倉庫での軽作業
・アパレル商品の出荷作業

などがあり、事務職が7割を占めています。

親会社の「航空集配サービス株式会社」のネームバリューがあるので、「親会社を知っているから仕事を依頼したい」というお客様も多くいらっしゃいます。ニッチな職種、専門性の高い分野だからこそ、他社にはないノウハウや人材サービスを提供しながら、期待に応えています!

◆求職者の方と企業のベストマッチに向けて

「東京オフィス」で扱う案件が「経験ありきの職種」が多いということもあり、来られる求職者の方は、40歳代がメインで年齢層は高めです。とはいえ、派遣スタッフで居続けるのは将来的に不安もあるので「いずれは正社員になることを前提に経験を活かしたい」という方が多いです。

一方で、企業側も派遣スタッフを求めている会社は即戦力を必要としていて、「経験のある人に入ってもらって、いずれは正社員として定着してもらいたい」という考えのところが多いです。

両者の希望を聞いていると、需要と供給はバッチリ。あとは、お互いいかに満足度を高く持ってもらえるマッチングにするか…は、私たちコンサルタントの腕の見せ所だと思います!

◆大切な時間を預かっているという意識で

「東京オフィス」はまだ立ち上がったばかりの新しいオフィスですが、主任として最優先にしたいこと、それは「求職者の方へのフォロー体制」を整えることです。こまめに面談を行うことはもちろん、何か連絡があったらすぐにレスポンスすることを徹底しています。そして「派遣先では一人で働いているけれど、決して孤独ではありません!コンサルタントが必ず味方で付いています!」と言うようにしています。

私たちは、求職者の方、派遣職員の方の大切な時間を預かっています。彼らの貴重な時間は「気持ちよく働くこと」に使って欲しい。だからこそ、「悩みを抱える時間」「相談しようか迷う時間」「連絡がつかずイライラする時間」は持ってほしくないと考え、そのために最大限サポートすることを忘れないよう努めます!

◆話す機会を、とにかくたくさん作ること

以前、こんなことがありました。
3ヶ月更新の面談で「今の仕事を辞めたいんです・・・」と話す派遣職員さん。「次の仕事が決まっているんですか?」と聞くと「いいえ・・・」と。理由を聞いてみると、「私には合わない仕事だと思うんです」とのこと。確かに、どんな職場でも嫌なことは必ずあります。「でも、本当に合わない仕事だったら3ヶ月も続かなくて1週間くらいで辞めているんじゃないでしょうか?良かったところや楽しかったことは、ひとつもありませんでしたか?」と話しているうちに、考え方が変わって「もう一度頑張ってみようかな」と気持ちを立て直されました。(おそらく仕事そのものより、話を聞いて欲しかったんだと思います。)

「キャリア形成」という観点からいうと、辞めた後にどんなに後悔しても元に戻ることはできません。派遣スタッフさんの今後のキャリアのためにも、「まずは続けること」を前提に、コンサルタントとして努力は惜しみません。
先ほどの話にでてきた派遣職員さんは、面談でじっくり話を聞くことで考え直されましたが、場合によっては企業側の担当者も交えて面談をし、今困っていることや悩みを伝え、歩み寄ってもらうこともできます。

何かあれば、まずは話す機会を設け、しっかり話を聞いていきます。納得のいく着地点を一緒に探していきましょう!

◆派遣を、キャリア形成の「ツール」として

派遣として働く最大のメリットは、「この職場は自分に合っているか」「キャリア形成にふさわしい場所か」を、期間を決めてしっかり見極められるところだと思います。正社員で入社して、「やっぱり合わなかった」と、すぐに退職することは、その人のキャリアに傷が付いてしまうことも…。そこで、まず派遣職員として働けばそのリスクを減らすことができます。自分のキャリアを作る「ツール」の一つとして考えてもらえたらいいんじゃないかと思います。あなたのキャリア形成に向けて「一緒に働いているつもりで」サポートしていきますので、ぜひ当社で「派遣」という働き方も視野に入れて、経験を活かして欲しいと思います!

コンサルタントは「一番近くにいる味方」。相談窓口としていつでもオープンしています(笑)ので、安心してお越しください!
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

他の求人票を見る